IKグループ(石川建設)はプロの職人集団が家作りをしている

IKグループ(石川建設)はプロの職人集団が家作りをしている

現代日本には様々なタイプの住宅があります。昔ながらの本格化粧住宅や、洋風の現代住宅、さらに家族の趣味などに合わせて作られた、特殊建築物など、住む人の希望に合わせた多様な住宅づくりが行われています。このような多様な住宅づくりに対応した建築会社の一つに、IKグループがあります。

 

IKグループの中心となっているのは1975年に茨城県で設立された石川建築という「町の大工さん」です。無垢材を使い、職人の技術で住宅建設を行ってきた石川建設を中心として、多くの職人さんがこだわりのある家作りを行っているグループだそうです。

 

今は工場で材料を作ってくる住宅づくりが主流となっている中で、IKグループはあくまでも昔ながらの技術を使い、家を建てることにこだわりを持っているそうです。個人事業主の集まりであり、職人の集まりであるIKグループだからこそできる、職人が作る家が、IKグループが作る住宅の特徴といえそうです。

 

個人事業主の集まりであるIKグループの最大の特徴は、信用こそが口コミで、作ったもの自体が広告であるという点だそうです。つまり、仕事に手を抜いてしまえば、そのまま信頼を失いますよね。良いものを造ろうという意気込みで、職人さんたちが作ってくれるそうです。

 

従来の軸組工法で、無垢材を使った昔ながらの職人さんによる家作りといっても、現代住宅の特徴でもある省エネルギーや高気密、瑕疵保険といったものにもしっかりと対応しているそうです。その結果作られるのが、現代風でありながらも、日本の気候や風土に合った住宅となるそうです。

 

効率的な家づくりを行うハウスメーカーとは異なり、基本として受け継いできた技術力を用い、型にはまらない応用力によって、さまざまな要望に合わせた住宅づくりを行ってくれるそうです。棟梁であり、大工でもあるIKグループの代表である石川建築が設計も行うため、希望に沿った住宅づくりが行いやすいという特徴もありそうです。

 

また、町の大工さんとして、職人さんとして、大手ハウスメーカーにはない親しみやすさや気軽さがあるため、住宅の不具合などにも軽に対応してもらえるようです。IKグループでは家作りの様々なプロが住宅建設に携わっているということですので、大工仕事以外にも、住宅に関わるさまざまな事に対して対応してもらえるそうです。家作りのプロ手段だからこそ、多様な住宅の建築、住宅に関わることの全てに対応してもらえる、頼もしい建設会社と言えそうですね。